木造建築の強さ〜優れた木造の性質〜|東京の建築設計

query_builder 2022/05/14
戸建てアイデア
YDS

こんにちは。

今回は建物のつくり、構造について

「私たちが、どのように考えて設計しているか」

をお話ししたいと思います。

YDS

一般的な感覚として、

「建物ってなんとなく木造よりも鉄骨造の方が、しっかりしたつくりなんじゃない?」

という雰囲気がある気がします。

実際には、

「こちらの構造の方がいい」

というよりは、それぞれの構造にメリットデメリットがあります。

YDS

鉄骨造は鉄筋コンクリートよりも軽やかで、且つ頑丈な構造です。

一方で、熱などに弱いので、火事が起きたときなどは、ぐにゃっと一気に折れ曲がることもあります。

木造も「鉄筋コンクリートよりも軽い」というメリットは同様です。

軽いという事は、地震に弱いという訳ではありません。

構造物が重ければ、地震で揺れた際にかかる力も大きくなります。

そして、強い力がかかる建物自体を支える為、大きな構造体が必要になります。

その点、木造であれば「構造が軽い」ため、合理的なつくりとすることができるメリットがあります。

木の種類などによっては、強度にばらつきが出たり、

火事の際に鉄骨の様に崩れることはなくても、

燃えるというデメリットがあります。

YDS

これらを踏まえたうえで、どの構造でつくるのがいいのか、建物の種類によって決めています。

主に、私たちが木造を取り入れるのは住宅です。

その住宅を設計する際に、どれくらい強い家にすればいいか、という段階を設定します。

YDS

耐震等級という、どの程度地震に耐えるかの基準設定があります。

基本の耐震等級1から、最高ランクの耐震等級3までの3段階あります。

これは木造・鉄骨・鉄筋コンクリートどのつくりでも、等級が3段階です。

YDS

私たちの設計する建物では、耐震等級3の要件を上回る設計をしています。

そのため、非常に強い地震にも耐えられる、安全性能がとても高いつくりです。

その為、柱や梁の数が増えたり、サイズの大きいものを使ったりと構造要素が多くなることがあります。

それらを含めてデザイン性も検討しています。

YDS

住宅の場合は

「必ず木造がいいです」

という訳ではないのですが、

木造でも、しっかりとしたつくりを叶えられます。

合理性かつコスト面も考慮するとき、

「木造建築は大いに推奨したい」

と私たちは考えます。

----------------------------------------------------------------------

株式会社YDS建築研究所

東京都千代田区神田三崎町2-20-7 水道橋西口会館6F

TEL:03-6272-5572


----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG