テラスと部屋の楽しいつながり|東京の建築設計

query_builder 2022/03/24
戸建て
HK04

こんにちは、村木です。

今回は、室内とテラスがつながり、行き来できる空間についてご紹介したいと思います。

HK06

熊本の家では、個室を挟んでテラスがあります。

個室とテラス、廊下がつながり、ぐるっと回ることが出来る、回遊性のある間取りとなっています。

テラスと室内は段差もほぼなく、子供たちが追いかけっこをしたりすることも出来ます。

HK09

また、床でも地面でも、子供たちは寝転がってじゃれたりする事が好きですよね。

テラスでごろーっとしながらふざけ合ったり、青空を眺めたり、楽しい時間をすごしてもらいたいな、と思っています。

HK11

外に出たり家に入ったりぐるぐる走り回って、自分の家で楽しくのびのび過ごすことが出来る環境は、小さい子の日々の成長にもつながるのではないかな、と思います。

HNP118m

練馬の家では、リビングとテラスがつながっています。

リビングで過ごしながら外を眺めてゆったりとした時間を過ごすことも出来ます。 バーベキューなどを楽しむこともできるのではないかな、と考えながら計画しました。

HNP113m

実際の生活では、お子様が趣味のキャッチボールをしたり、ボールを的に当てるゲームなどをして、体を動かすアクティブな場所としても活用しているそうです。

HNP162m

気軽に外に出られて、外の空気を吸ってリフレッシュしたりすると気分転換にもなりますよね。

大人も子供も楽しみながら生活できる家づくりを目指しています。

----------------------------------------------------------------------

株式会社YDS建築研究所

東京都千代田区神田三崎町2-20-7 水道橋西口会館6F

TEL:03-6272-5572


----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG