居心地のいいお部屋と水回り位置への配慮|東京の建築設計

query_builder 2022/02/14
戸建て施設
HK05

こんにちは、村木です。

お風呂やトイレの場所を考えたときに、メインで過ごすスペースからはワンクッションおいた間取りにしたい、と思う方が多いかなと思います。

HKP127m

日常でよく使う場所なので、行きやすく、かつさりげなく使える間取りを提案することを心がけています。

熊本の家は、リビングの奥側、階段でやわらかく仕切りを作って、その奥に洗面室のドアを設置しました。

HKP164m

お手洗いの個室は洗面室の中にあるので、リビングに居る人も、トイレを使用する人も気にすることなく過ごせます。

また、来客の時に洗面室を利用してもらう際は、お風呂と洗濯スペースは洗面室の奥側にあるので、家族以外にはあまり目につかないよう配慮しています。

HKP114m

どこにいても気持ちよく過ごせるこまやかな配慮を、女性目線で設計して提案していきたいです。

----------------------------------------------------------------------

株式会社YDS建築研究所

東京都千代田区神田三崎町2-20-7 水道橋西口会館6F

TEL:03-6272-5572


----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG