パッと見てわかりやすい図面の工夫|東京の建築設計

query_builder 2022/03/15
戸建てマンション
YDS102m

こんにちは、村木です。

一般的になじみのある図面と言えば、間取りがわかる平面図なのかなと思います。

YDS111m

○○帖って表記があるけど大体この部屋は何メートル×何メートルくらいあるんだろう、テレビを置きたいけどここの壁は何センチくらいかな、このソファとテーブル置く広さはあるかな、と間取りを見ながら考えるのではないでしょうか。

YDS114m

寸法は一番気になるポイントだと思うので、なるべくわかり易く、詳細に記載するよう心がけています。

特に水回りの図面は、拡大して、棚の位置や、取っ手の形などまではっきりわかるように書いています。

人型を入れるとさらに生活感もでて、より実感できる図面となります。

住まう方にとって必要な情報を、わかり易くお伝えしたいと心がけています。

YDS117m

建築業界では、寸法単位としてmmを使います。

例えば、ドアの幅75cmではなく750mm、天井の高さは2.4mではなく2400mm、と表記します。

私自身も建築学生になるまではあまり使わなかったので、最初は不思議だなと思いました。

----------------------------------------------------------------------

株式会社YDS建築研究所

東京都千代田区神田三崎町2-20-7 水道橋西口会館6F

TEL:03-6272-5572


----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG